レオタード仮面

レオタード仮面
[遊ぶ]


鹿の仮面をかぶり黄色いレオタードをまとった君は
全裸でもないのに警官と戦わなければならない。
角から放たれる電波的なもので警官を撃退しよう。

時事ネタキャラものゲーム「レオタード仮面」は、よく見てみると
意外にもゲーム自体は全方向シューティング。
マウスカーソルを追尾してプレイヤーキャラが移動。
左クリックでマウスカーソルの方向に電波発射。

時事ネタをくみつつ、ゆるっとした設定がたまらない。

世間の話題をベースにしつつも、微妙に設定をずらして
ストレートな印象を緩和することで
なんともほんわかした気持にさせてくれる。

このゲームに限らず、今回の草なぎくん(なぎは弓へんに以下同文)の
全裸事件は、結果的にはなんだか和やかなムードを
もたらしてくれているように感じているのは僕だけだろうか。
マスなメディアは辛辣な報道もしているようだけど、
みている側は暖かく見守りつつ楽しみつつな感じがする。

あの草gくんが公園で全裸で騒いじゃったっていう、
突拍子もなさ過ぎて、かつ事件性が低すぎるそのちぐはぐなバランスを、
メディアは御しきれないでいる感じだけど、それを見ている人たちは、
近所の出来事ぐらいの感覚であまり違和感なくみてるんじゃないかしら。

自分の感覚より社会がどう解釈するかで考えようとすると、
鳩山総務相みたいに無駄に強烈に怒りを表現したりしちゃうんだろうけど、
個人より社会で構成されているメディアは、
それでもしょうがないんだろうなぁ、と思う。

だからなおさら、こういう突拍子もない事件のときは
個人の感覚が積み重なっているウェブ界隈の
盛り上がり方や楽しみ方には親近感を感じるんだろう、
などということを考えさせてくれる「レオタード仮面」なのでした。
posted by てらじろ at 2009年04月30日 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。