TIME PARADOX

TIME PARADOX
[遊ぶ]


タイムマシンを駆使してステージを脱出するパズルゲーム「TIME PARADOX」。
与えられた時間は30秒。タイムマシンを使うと
ステージ開始時まで時間が戻り、さっきまでの自分が現れる。
過去の自分と協力しながら鍵を取って扉を開けて脱出。

ゲームの肝は過去の自分に見つからないようにしなければいけないこと。
もし見つかってしまうと過去と未来のつじつまが
あわなくなるタイムパラドックスが発生してしまう。

過去の自分と強力するといえば「Cursor*10」。
「Cursor*10」はマウスカーソルをフィーチャーすることで
過去のプレイヤー自身との協力という印象を生み出していた。
これに対して「TIME PARADOX」は、プレイヤーキャラに「見る」
という行為を持たせることでそのキャラクター自身の存在を
リアリティあるものになっている。

キャラ系で過去と協力というと「CHRONOTRON」とか。
これと比較してもタイムパラドックスという要素が、
ゲーム的にも設定的にもすごく重要なのがわかる。
ちなみに「CHRONOTRON」は設定ではなく本当にパラドックスが
起きてしまうのが面白いところ。

過去リプレイ系だと「Replica」とか
避けゲーアプローチのゲームもあって
最近だいぶ数が増えてきたけれども、
それぞれのタイトルが独自のゲーム性や設定を持っていて
面白いしとても興味深い。

「CHRONOTRON」をはじめ、取り上げたいと思いながら
取り上げてない過去リプレイ系タイトルを
しばらく集中的に取り上げようかしら。
posted by てらじろ at 2009年01月28日 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
CHRONOTRON

難しすぎますよ.
Posted by at 2009年01月30日 23:51
CHRONOTRON 難しいしステージ数も多いし
ステージ数も多いから
ちょっと気が遠くなりますよね。

攻略動画が結構アップされてるんで
その辺も含めてそのうち記事書きたいです。
Posted by てらじろ at 2009年01月31日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。