ひとつみ

ひとつみ
[遊ぶ]


おぎわら遊技場の新作「ひとつみ」は
20人の人を積み上げて高さを競う剛体物理なゲーム。
やっぱりBOX2Dだろう(未確認)。

大学の講義としてつくったゲームということで、
積み上げる20人はきっと学生さんたちなのだろう。
「米光講座」のこの記事とリンクするに違いない(これまた未確認)。

ゲームをプレイしてポーズのバリエーションがあったり、
へんなポーズの人がいたりするのをみると、
「きっとこの講義は楽しかったんだろうなぁ」
ということをとても感じる。
ゲーム性を考えてポーズをみんなで決めていったのか
一人一人が自分のポーズを考えていったのかは判らない。
けれどそれがどちらであったとしても
ポーズのバリエーションによってゲーム性が
変わってくることや、高得点を目指す上で重要なポーズや
なぜか心に残ってしまうポーズが出てくることなんかを
まさに「体感」で学んだんだろうなぁ、と思う。

ゲーム自体はオーソドックスなルールだけれど、
講義でつくったという設定がルール以外の意味を
ちゃんとゲームに持たせているのもおもしろい。
posted by てらじろ at 2008年11月09日 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。